消え去った明るい未来

10年程前、彼女と安いアパートで同棲していた。私はフリーターだったが、二つのバイトを掛け持ちして、彼女も週に6日居酒屋で夜中まで。僅かながらの貯金もしながらそれなりの生活は出来ていた。

やがて私の就職が決まり、より安定した生活が出来るようになった。将来のことを考える余裕も出て来た。

そんな中、彼女が「私も就職したい」と言い出した。昼にしっかり働いて、少しでも貯金を増やしたいし、何より2人の時間をちゃんとつくりたい、というのが理由だった。

確かに、私が帰宅する頃に家を出て、私が眠った頃に帰宅する状況は、まぎれもないすれ違い生活だった。

必死に就活を行った彼女は、小さな工場の事務に採用された。通勤に車が必要とのことだったので、2台目の車を購入することに。

奮発して、最新型の軽自動車を新車で購入した。2人で稼ぐのだから金銭的には余裕だと高を括っていたのだ。

一ヶ月程経って、彼女の様子がおかしくなって来た。表情が暗く、笑顔が見られなくなった。常にイライラしているようで、ちょっとしたことで泣きわめく。

どうやら職場での人間関係がうまく行っていないようで、心に傷を負ってしまっていたようだった。

私も自分の仕事の忙しさにかまけて、そんな彼女を放置してしまい、そのせいもあって彼女はとうとう仕事を放棄し、家にこもってしまった。うつ病というやつである。彼女はそのまま退職。

彼女の症状は、私の仕事にも影響を及ぼし始めた。出掛けようとする私を泣きながら引き止め、「自分だけ働くのか」「私が働かないことへ当て付けだろう」とわめく。

仕事中に電話してきて、無言のままただすすり泣く。「早く帰って来て」「仕事と嘘ついて浮気してるんだろう」というメールを延々送り付けて来る。

帰宅すると家出していて、連絡も取れない…そんなことが続き、上司や同僚にも迷惑をかけた。私自身も精神的にやられてしまい、とうとう仕事を辞めてしまった。

2人揃って働けなくなってしまい、車のローンや、それまでに借りていた銀行からの借入・生活費が大きくのしかかって来た。仕方なく2台の車を売り払い、僅かな貯金を切り崩して生活費にあてた。

食費を浮かせるため、実家に忍び込んで食材を持ち出したりもした。少し前まで描いていた明るい未来像は消え去っていた。結局、彼女と何度目かの大げんかの後、別れることになった。

その後就職も決まり、気ままな独身貴族生活に入った。少し寂しい時もあるが、まあ仕方ない。明るい未来は消え去ってしまったが、給与を自分のためだけに使える喜びは、あの苦労があったからこそ、より感じるのだろう。

クリニックに行ってます

空気が乾燥する季節、肌の乾燥が気になる人は多いと思います。
乾燥肌とは、角質の水分含有量が低下した状態のことをいいます。紫外線、ストレス、ホルモンバランス。加齢などさまざまな原因が考えられるのです。特に、20代の後半からは角質の保湿成分、セラミドが減少してきます。
私の取っている乾燥肌対策としては、まずは皮膚の細胞を活性化させる、再生治療と呼ばれているものを試しています。それは、皮膚の再生に重要なコラーゲンやエラスチンの生成や増殖を促すタンパク質を肌に注入して、肌本来の保湿成分を取り戻すというものです。

私の行ってるところは、ガラス張りの自然光が差しこんでくるサロンのような外観のクリニックです。そこでは、肌の悩みに対して、対症療法だけでなく、ライフスタイル全体を見直して、悩みのもとから解決してくれるカウンセリングのようなこともしてくれるんです。

あとは、身体全体の乾燥を防ぐために乾燥肌にいいっていう入浴剤を使用していますね☆

半身浴をよくするので入浴剤を使うようにしました。

前は、お湯は洗濯に使って節約をしていたのですが、乾燥肌で皮膚科に行ったりするほうがお金がかかるんじゃないかって思って入浴剤に変えました。それからは肌の調子もいいですよ(^^)

ふともも裏の新たなムダ毛

私は最近、新しいムダ毛の悩みが増えました。ふともも裏の「長いムダ毛」です。 もともとスネ毛は濃く、10代の頃から脱毛にあれこれ苦心していたのですが、 35歳を過ぎた頃からふともも裏に5センチ以上の長く細いムダ毛は生え始めたのです。

大変不自然で気持ち悪く、見つけ次第すぐ抜いていますが、何しろ裏側で 見えないので油断するとすぐに長い毛が出てきてしまいます。

これも加齢の影響なのかな、と思うと何だかヘコんでしまいます。 私はプールやサウナを多用するのですが、最近はこのふともも裏の ムダ毛が残っていないかとても気にするようになりました。

スネ毛はまばらに残っていても自然な感じに見えますが、ふともも裏のムダ毛が 残っていると本当に目立ってしまい、見られたくありません。

これはもう永久脱毛をするしかないんだろうか・・・いくらくらいかかるのか分からないからちょっとお金的に怖いところもあるけど、この悩みから解放されるには永久脱毛しかないかな。札幌の永久脱毛できるところを探して金額的にも良さそうだったら行ってみようかな(+_+)

このままだと恥ずかしくて大好きなプールやサウナに行くのが億劫になってしまいそう((+_+))

 

1番いい方法

賢いお金の借り方で1番いい方法ですが、まずは借りなくても大丈夫な方法を考えるということです。お金は借りなくてもいいのならば借りないほうがいいに決まっていますから。最後の最後の手段として考えておいたほうがいいでしょう。

では、どうすればいいかというとまずはアルバイトということを考えたほうがいいです。短期のアルバイトをすれば数万円ぐらい稼げるものはいくらでもありますからね。

急いでお金が欲しいという場合は、日払いの即日バイトをするといいかと思います。日払いですとその日にお金が入ってくるわけですから、急いでお金が必要な場合でも大丈夫かと思います。

肉体労働の場合であったり、引っ越しであったりと、日払いでもらえるアルバイトっていうのもいろいろあると思いますからね。

この日払いバイトでもらえる給料では間に合わないときは、ちょっとでも働いている暇がないというときに限ってお金を借りるようにしたほうがいいと思います。

このようにお金を借りないとどうしようもないときもありますので、こういう時は必要最小限だけ借りるようにするといいですね。

 

どこで借りよう??

今までで1度はお金に困った経験をした事あると思います。

そして、どうしてもお金が必要で借りなければいけない、って事もありますよね。

そんな時に何処で借りるのがいいのか悩みますよね。

親?友達?銀行?消費者金融?

コチラでは賢くお金の借り方を紹介していくのでぜひ参考にしてみて下さい。